『ファッションカラー』『ファッションラボ』 編集部ブログ
by F編集部
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
カテゴリ:色彩( 9 )
カラーのお話し!♤♥♢♣
ここの所、とても過ごし易い陽気が続いておりますが
みなさま いかがお過ごしでしょうか?
そんな5月6月は、、、
編集部では、7月発売の「Fashion Lab」の仕上げが着々と進んでおります!
2012−13年秋冬のコレクション情報満載で
しかも 使える!役立つ!情報をお届けします。

今日はその中からではないのですが、
ちょっと気になるカラーについてのお話です。
b0220780_13283294.png

「ダークロマンティック」と呼ばれるほど、秋冬コレクションではブラックの登場が目立ちました。
また、ブラックとのブロッキングやアクセントで多く見られたブルー。
もともと日本人の1番好きなカラーと言われています。
そして、2011ー12年秋冬では、このオレンジがファッションに多彩に使われた事を
皆さんの記憶にも新しいのではないでしょうか。

この3色 今自分がもし選ぶとしたら、についてあげてみました。  
(ブラック)
努力をしている事の現れ。まじめで一生懸命さがこの色の象徴です。一方、苦境から抜け出したい、という意味もあるとか。
(ブルー)
精神的にも肉体的にも、リラックスや安定を保つカラーとして認識されています。
また、集中力を高める事を手助けする作用もあるそうです。
日本では、比較的サッカーのユニフォームで有名ですね。
(オレンジ)
良好な人間関係を示すカラー。そして人の気持ちを察する、空気が読める。という状態を
表しています。まさに思いやりや絆から波及したのかもしれません。

色の話はとても奥深いですね。

気に入っていただけましたら、
こちらをポチッとお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
[PR]
by fashioncolor | 2012-05-31 13:57 | 色彩
♣♤シャーベットカラー♢♥
この春注目のカラー 「シャーベットカラー」
もう既に取り入れている方も、これから という方もいらっしゃると思います。

パステルカラーに比べて
マットで白っぽい印象のこのカラー群は
意外にパステルよりも多くの層に取り入れやすいのではないでしょうか。
先週あたりからやっと安定した暖かさが訪れた日本。
今回は、私の気になるシャーベット達をあげてみました。
b0220780_1010529.png

シャーベットカラーのスプリングコートはバラエティがとても多いのがこの春の特徴。
これはディテールてんこもり!です。
b0220780_10105181.png

b0220780_10111174.png

このタイプのシューズもむくむくとマーケットに出てきています。
かわいいですね。
そして 最後は
b0220780_10134566.png

こんな風に「クロ」と組み合わせるのがなんといっても今年らしさのポイントです!!
ミルキーな要素も感じられるシャーベットカラー。
皆さんもぜひ♥

さて
おかげさまで今回もさらに好評いただいている 
「第87回ファションカラーセミナー」
東京・大阪・名古屋と無事に終え、福岡が最終となっております。

5/11(金)13:00〜16:15
2部構成にて カラーや素材 スタイリングなど情報満載にてお伝えいたします。
皆様 お申し込みをお待ちしております!!

気に入っていただけましたら、
こちらをポチッとお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
[PR]
by fashioncolor | 2012-05-01 10:18 | 色彩
色と目と錯覚とで感動体験
久々に色彩についての記事です。

色の小話でよく取り上げられるのが、錯覚についての現象について。

例えば、こちら。
b0220780_16164823.jpg

スーパーでも赤いネットに入って売られていることが多いミカン。

確かに、赤いネットのミカンの方が赤みでおいしそうに見えます。

これは色の「同化現象」を利用したアイデア。

この現象は細い線などで描かれた場合、

背景の色がその色に近づいて見えるというもの。

オクラとかの野菜などが緑色のネット

袋に入っているのも同じ理由と言えます。

他にも、こちら。

赤いハートを10秒見たあとで、下の白と緑をそれぞれ見てみると……。

b0220780_16173450.jpg

これは病院の手術室や手術着が緑色ということに関係します。

人間の目は普通、同じ色をずっと見ることがあまりありません。

ただ、手術室では赤い血をずっと見続けます。

そんな状況で、衣服や壁が白だと、

赤色の補色である緑が残像としてちらつきます。

そうならないように、残像の緑を吸収できる同色を使っていて

長時間の手術も集中できるというわけなんです。


このような色に関する現象を楽しく取り入れた、

おどろき体験のできる映像がyou-tubeからひっぱってきた下の映像。

ぼんやりした画像の中央にある黒点を10秒程見て、

画像が切り替わったとき、「おお〜」と声のもれること、間違いなし!

ずいぶん前からネットでも話題になっていて、ご存知の方もいるかも?

私も先日テレビでやっているのを見て思い出し、

再度見てもやっぱり感動したのでここでも載せてみます。


引用元:錯覚-an optical illution- モノクロ写真に色がつく

こういった、色の様々な現象を

ライフスタイルにも取り入れられる内容の本が

弊社からはたくさん発行されています。

ぜひぜひ、一度ご覧になって見て下さ〜い。
b0220780_12221215.jpg


b0220780_12224619.jpg
ちなみに、
2012-13年秋冬ファッショントレンドでも
なにやら「錯覚」という
キーワードが気になる予感!?

詳しくは4月10日発売
『ファッションカラー87号』
「今季のファッションストーリー」
ご覧下さい。



気に入っていただけましたら、
こちらをポチッとお願いします。

にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ
にほんブログ村
[PR]
by fashioncolor | 2012-03-16 12:37 | 色彩
ファッションのパレット

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、

先日からツイッターのウィジェットを付けました。

ファッションと色に関するツイートが

定期的に更新されるようになっているのですが、

その中で「色に関して新しい切り口のホームページ」

的なつぶやきがあったのでリンクに飛んでみました。


そのサイトは

WEAR PALETTES
b0220780_18203670.jpg

ファッションのインスピレーション源になることを目的として

2007年にスタートしたサイトのようです。

今では世界中から100,000件ほどのアクセスがあるとのこと。
(英文の説明をなんとなく読んだので間違えてたらすみません)


ファッションの配色とは言え、

あくまでパレット

アソートやアクセントなど細かく説明するのではなく、

素直に別スタイルの発想源となるよう

配色のキレイさ、可愛さをアピールした見せ方が

人気のヒミツなのかも!?


という風に、面白いサイトを見つけたりもできるので

このブログ、ちょくちょく見てるといいことあるかも

なんちて(笑)。



気に入っていただけましたら、
こちらをポチッとお願いします。

にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ
にほんブログ村
[PR]
by fashioncolor | 2011-10-11 18:21 | 色彩
カラービジネスネットワーク、始動!

このたび、CBNのホームページがオープンしました。

とは言え、CBNって?


CBNとは、カラービジネスネットワークの略称なのですが、

こちら、日本で色彩の調査や研究、普及に関する

代表的な7つの企業・団体が

日本のカラー業界を活性化するために何かできないか、

と考え発足させた事業。


そもそもの始まりは

財団法人 日本色彩研究所

財団法人 日本ファッション協会

一般社団法人 日本流行色協会

日本色研事業株式会社(←うちです)

DICカラーデザイン株式会社

日本カラーデザイン研究所

株式会社クリマ

らが2008年7月に

「カラービジネス交流会」を立ち上げたのがきっかけ。

それがCBNの前身というわけです。


活動内容としては、様々な業界・社会に対して

共同でカラーに関するセミナーを行ったり、

カラー提案を行ったりする予定とのことで、

カラービジネスの発展を目指すことを目的としています。


こちらに弊社企画部も参加、活動中なのです。


そして、今年8月にホームページがオープン!
b0220780_952436.jpg

環境、建築、プロダクトデザイン、ファッションなど

各分野の色彩について優れたカラープランニング

実践事例を紹介するページや(推薦作品もただいま募集中)、

書籍や色彩ツール、色票の紹介・販売コーナー

カラーに関する相談窓口など、

多彩なコンテンツの展開を図っています。


まだオープンしたばかりでデモページもありますが、

色に興味のある人はブックマークをおすすめします (^0^)/


CBN:Color Business Network



気に入っていただけましたら、
こちらをポチッとお願いします。

にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ
にほんブログ村
[PR]
by fashioncolor | 2011-09-06 10:03 | 色彩
カラーコーデに大活躍!

ファッションの色使い、ネイルとのバランスなどなど、カラーコーディネートって悩みませんか?

今日はそんなときにお役立ちの弊社商品をご紹介します。

それが、PCCSカラートーンサークル

色付きの透明な円形シートが一枚ずつトーン別になっていて、色合わせを考えるときに便利です。

しかもその数、132色!


例えば……

重ねて違うトーンや色との相性を見るのはもちろん……
b0220780_1050696.jpg


写真などに重ねて製品と合う色を探したり……。
b0220780_10504440.jpg

透明だから合わせやすい!


それに、持ち運びに便利な収納ポーチ付きなので、いつでもどこでも気になった色との配色をシミュレーションできちゃいます。
b0220780_1051060.jpg


気になるコスメとも、はい! すぐシミュレーション。
b0220780_10513020.jpg

b0220780_1052385.jpg


お気に入りのインテリアとも、はい! すぐシミュレーション。
b0220780_1053197.jpg


さらに、色の関係性が分かるサークルも付いているので、選んだ色と他の色がどんな関係なのかすぐ分かり、色彩の勉強にも活躍しちゃいます!
b0220780_10552392.jpg




b0220780_10534057.jpg



「PCCSカラートーンサークル」
直径:11.5センチ  12枚/132色
¥960(税込)

お問い合わせ:
日本色研事業株式会社 東京営業所 03-3935-5755
[PR]
by fashioncolor | 2011-06-17 11:01 | 色彩
配色シミュレーションしてみました

ジャンボ!

私事ですが、最近引っ越しをしました。

引っ越しをするとインテリア関係も一新!

でも、カーテンやラグの色に迷ったりしませんか?

本日は、そんなときにイメージをサポートする商品をご紹介します。


それがこちら。

「PCCS配色パレット (スタート編)」

CD-ROM版でPCに入れると着彩していないイラストが選べます。

その中から今日は引っ越しの話なのでリビングのイラストをチョイス。

まずは壁の色から決めていきたいと思います。

壁の項目をカーソルで選択。
b0220780_177425.jpg

次にパレットから壁の色を選びクリック。
すると壁の色が変わります。
b0220780_178033.jpg

で、完成がこちら。
b0220780_1782143.jpg

色相6番のドミナントカラー配色で落ち着いた感じにまとめてみました。


リビングの他に、キッチンと自分の部屋のフォーマットのバリエーションもありますし、ファッションテーブルカラーのフォーマットも入っているんですよ。


ちなみにファッションの一例がこちら。

これが……
b0220780_1784457.jpg

こうなりました。
b0220780_179398.jpg

こちらも類似色相ですが、2011年春夏注目色のオレンジをベースにしました。
(注目色に関しては『ファッションラボ』をご覧ください。)


配色シミュレーションや色彩の授業に役立つこちらの商品。
興味をもたれた方はぜひぜひお問い合わせください。

イラスト:ファッション10点/インテリア3点/テーブル2点収録
定価:1,260円(税込)

日本色研事業株式会社
tel : 03-3265-7094
mail : kikaku@sikiken.co.jp
[PR]
by fashioncolor | 2011-05-09 17:23 | 色彩
最近気になるバッグの色
この春、というか最近街で気づいたことです。

とある色のバッグをよく見かけます。

それがこの色。
(写真なので実物とはほんのちょっと違いますが)
b0220780_17283073.jpg

こちらは、うちの編集部スタッフの私物ですが、電車や、仕事の打ち合わせ先でも見かけることが多く、デザインは違えどこの色のバッグが人気の模様?

気になるのは、とってもキレイな色なので目に飛び込んでくるからかもしれませんが、でもでも、この色の仲間とも言えるオレンジはこの春夏のキーカラーなんですよ!

『ファッションラボ vol.9』でも、2011年春夏のキーカラーは「ホワイト」と「オレンジ」と予測して、その色を使った配色の基礎や、応用でどんな組み合わせが今季らしいかなどを紹介しています。

b0220780_1744336.jpg


実物だと写真のバッグの色は「コーラル」っぽく、PCCSの色相番号だと「b3(ブライトトーンの3番)」が近しいように感じます。

ちなみに色相3番は「黄みの赤」という分類。

ただ街中では「b4」(「赤みの橙」)のものも見かけますし、オレンジも、オレンジに隣接する色もしっかり人気のようですね。
[PR]
by fashioncolor | 2011-04-26 17:50 | 色彩
マンセルさんとPCCS


ジャンボ!

こちら、ただいま次号『ファッションラボ』の編集中です!

今日は『ラボ』の色のページの打ち合わせがあって、夕方おでかけします。

それにちなんで、色のお話を。


色のシステムとして、「マンセルシステム」というのがあります。

これは、色相、明度、彩度といった色の3つの属性を記号化して表したもので、

日本でも色を測定する基準として、JIS規格に採用されているシステムです。

このシステムを作ったのが、アメリカのマンセルさん(1858-1918)。

彼は画家だったのですが、

同じ絵の具の同じ色で色が違っていたりして、困っていたそうです。

(昔むかしは基準がなく、ロット違いで色も違ってきちゃうってことがあったようです)

だからマンセルさん、作っちゃいました。色の基準。

それが「マンセルシステム」だそうで、一説だとは思いますが作られた過程を私も今日知りました。


「マンセルシステム」を使った商品も色々あり、うちの会社でも扱っています。

例えば、これ。「肌色カラースケール」
b0220780_1455430.jpg

カードを肌にあてるだけで、肌の色に近いマンセル数値が分かっちゃうんです。
b0220780_14403733.jpg

まさに肌の色を測っていますね〜。

肌に合わせたヘアやメイクの色を選ぶのはもちろん、服の色を楽しむときにも役立ちます。


他にも日本で扱われているカラーシステムはいくつかあるのですが、

その中でもメジャーなものの一つが「PCCS」

「マンセル」との違いの一つに、色の調和を目的としたシステムという点があげられます。

一番の特徴は、明度と彩度をトーンというグループにまとめて、

色相とトーンの2つの系列で表しているところ。

色の組み合わせや相性について分かりやすいから、配色において頼れる存在!

実際、『ファッションラボ』も「PCCS」を交えて配色を解説してるんですよ。

こんな風に。
b0220780_1439955.jpg

今日の打ち合わせはまさにこのページ!

ちなみに、『ラボ』には「PCCS」の基本が分かるページもあるので、

「これから知りたい!」という人にも安心ですよ〜。


ファッション以外にもいろんな場面に使われてたりするシステムなので、

見つけたときにはこれだ!って思い出してみてくださ〜い。
[PR]
by fashioncolor | 2011-04-20 15:04 | 色彩