『ファッションカラー』『ファッションラボ』 編集部ブログ
by F編集部
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
映画も「黒」で…
ども、またも小僧です。現在、編集部はファッションカラー89号、4月10日の発売に向けて全力疾走中です!

さてさ、去年の秋冬に女子の間で「黒」が流行ったのはファッショニスタの皆様ならご存知でしょうが、今回取り上げる映画も「黒」な作品。BMさんも取り上げていて、今週は図らずもブラック祭になりました。
b0220780_2093773.jpg

『ブラック・スワン』

主演のナタリー・ポートマンはオスカーもダンナも子どももget。それを知ってからだと、ジャケットのポーズが「穫ったど〜!」に見えてしまうのは小僧だけでしょうか……
b0220780_20103689.jpg

ここまで鍛えたんだから、オスカーは当然でしょっ

アカデミー有力ということで公開時には館内大入り満礼状態だったこの作品、一言で言うと「痛いし暗い」。心が沈むような感じを「イタい」なんて言いますが、これは見ているだけで物理的に「痛い!」シーンが多数登場。ダーレン・アロノフスキー監督は、登場人物を心身ともに痛い目に遭わせるのがお好きなようで……『π』『レクイエム・フォー・ドリーム』『レスラー』などなど、代表作は「痛!」シーンが炸裂するものばかりです。
b0220780_2062597.jpg

痛い目に合わされた皆さん(左から『π』『レクイエム〜』『レスラー』)

さて肝心の中身ですが、バレエ『白鳥の湖』で主役を射止めるも純真な「白鳥」しか演じられないプリマが、もう一方の役「黒鳥」を演じきれず、追いつめられるあまり自身のダークサイドに……という破滅的な内容。
昔は白鳥と黒鳥を別々の演者が担当していたそうですが、やがて「正反対の女性を1人で演じる」スタイルが定着。最も難しく、かつ技量が要求されるということでバレリーナの憧れの役のひとつになったのだそう。劇中でも、主役を巡って女の戦いが繰り広げられます。
「白」と「黒」は同じ無彩色ですが、明度が正反対の色。光を反射する白、吸収する黒、と性質も真逆。二面性を表現する組み合わせとしてはベストな配色です。

「純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる…」というキャッチ通り、約1時間半ひたすら転落していくポートマン。が、その破滅の先に用意された結末を考えると、監督は優しいんだかドSなんだか分からなくなります。とりあえず、白塗り充血アイのポートマンの怖さは保証。
b0220780_2081165.jpg

えらいことになっています。

ちなみに、同じ白塗りでもこんな楽しそうな仕事をしている若ポートマンも発見。

b0220780_2084634.jpg

箸が転んでも楽しい頃 in スターウォーズエピソード1

自分を追いつめることも時には必要ですが、どこかで気を抜く事も大事だよね……と自分に言い訳しながら退場します。では!(バナーはまだです)

気に入っていただけましたら、
こちらをポチッとお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ トレンド情報(ファッション)へ
にほんブログ村
[PR]
by fashioncolor | 2013-02-01 09:30 | 小僧の連載コラム
<< 連載コラム 遅ればせながら…… >>