『ファッションカラー』『ファッションラボ』 編集部ブログ
by F編集部
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
連載コラム
b0220780_18265528.jpg

室長の週刊ミュージックカラー

“色”を愛でること40年。『FASHION COLOR』も統べる会社の屋台骨・企画室の室長による色を感じる音楽案内。
b0220780_18294694.jpg

#05 起こりえなかった再結成
EAGLES「HELL FREEZES OVER」



アロ~ハ、室長です。
ちょっと気分を替えるにはまずは挨拶から。初見の方はスルーしてください。

イーグルスなんて今の若い人は知らないんじゃないかな。イーグルスを取り上げるなんていかにもオジサンという感じだけど、オジサンなりに書きたいことを書かせて頂きます。

イーグルスは1972年から1980年ころまで活躍したグループで、1976年発表の「ホテル・カリフォルニア」が有名です。「ホテル・カリフォルニア」が出た頃は、どこにいっても「ホテル・カリフォルニア」が流れているという感じでした。1982年にバンドを解散しますが、1994年に再結成します。

「HELL FREEZES OVER」は新曲と再結成の時に行ったライブを収めたアルバムです。私はいつも2曲目の「love will keep us alive」から聴きます。1曲目の「get over it」は元気がよすぎて、バラード風なのが好きな私の好みにはちょっと合いません。2曲目から聴くとバラード風な曲が続き、BGMとして聴いてもいい感じです。

6曲目に「ホテル・カリフォルニア」が入っていますが、76年の時のとは大分感じが違います。12曲目に「テイク・イット・イージー」が入っており、12、13、14とアップ・テンポな曲が続き、最後の15曲目にスローな「デスペラード」で締めくくりとなるのですが、私はいつも2曲目から11曲目までを聴いています。バラード風な曲ばかりですが、そんな聞き方も有りでしょう。

このアルバムの中でイチバン好きな曲は、やっぱり2曲目の「love will keep us alive」。ティモシー・シュミットの声が好きです。ラインディー・マイズナーの後継として、アルバムでいえば「ホテル・カリフォルニア」の後の「ロング・ラン」の時からイーグルスに入った人ですが元はポコのメンバーで、独特のカントリー風の少し高い音の声です。ポコの「インディアン・サマー」でもティモシー・シュミットの声が聴かれ、このアルバムも好きなアルバムです。

アルバム・タイトルの「HELL FREEZES OVER」の意味をネットで調べてみますと、Weblio辞書に「when hell freezes over」についての意味があり、イディオム表現で「決してない、絶対起こりえない」という意味だとあります。直訳すると「地獄が凍りついたら」ですが、「地獄は熱く炎が燃え盛るところであり凍りつくことはありえない」ということから「決して起こりえない」という意味を表す慣用句だそうです。解散したイーグルスが決してありえないと思われた再結成をしたということからこのアルバム・タイトルになったのでしょう。

アルバム・ジャケットの配色はベージュと白。小さくEaglesと黒文字で書いてありますが、どちらかというと地味な配色です。「凍りついた地獄」を表現しているのでしょうか。
b0220780_18321798.jpg

「HELL FREEZES OVER」をAmazonでGet!

気に入っていただけましたら、
こちらをポチッとお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ トレンド情報(ファッション)へ
にほんブログ村
[PR]
by fashioncolor | 2012-12-20 18:37 | 室長の連載コラム
<< 連載コラム 連載コラム >>